【特別対談】斧澤隼輝×山崎颯一郎。期待の新人2人が大阪と舞洲を盛り上げる!

斧澤選手も気になる、山崎選手の高身長の秘密

-プロ1年目のシーズンはいかがでしたか?

山崎:初めて投げたのが7月の後半くらいでした。自分が思っている以上の活躍はできなかったですけど、怪我せずに1年間やれたことは大きかったと思います。学生だと際どいボールも振ってくれるんですけど、プロは際どくても振ってくれなくて、どう打ち倒そうかと考えていました。

斧澤:高校3年生の時から※U-23のチームで出てはいたんですけど、そこまで試合に出させてもらったわけではないので、活躍はできていないんですね。ルヴァンカップで何試合かトップチームの試合に出て、U-23とトップでは観客も全然違うというのを体感しました。その中でやれたのは良い経験ですし、来年に生かせるかなと思います。ルヴァンカップは決勝に出られなかったのは悔しいですけど。

※C大阪はJ1を戦うトップチームに加えて23歳以下のチームを作り、J3を戦っている。このチームには下部組織の選手も出場する。

 

-チーム内に同級生はどのくらいいますか?

山崎:5人ですね。1人、山本由伸というピッチャーがいるんですけど、斧澤くんにめっちゃ似てる(笑)第一印象で似ていると思って、声も。系統は結構似ているなと思います。

斧澤:山崎くんは第一印象で「でかいな、いいな」と思いましたね(笑)

山崎:昔からどんどん大きくなっていって。今回身長を測って、191cmか192cmくらいいっているかなと思ったんですけど、189cmです。もう止まったんじゃないかなと。

斧澤:どうしたらそんな身長高くなるんだろう?結構食べたんだけどな。

山崎:とりあえず寝る。親から聞いたんですけど、すごい寝る子だったらしいんですよ。寝て、動いて、ご飯食べて、寝る。

斧澤:俺も結構寝ていたんだけど(笑)

山崎:あとは母親は170cmで、父親は180cmなんですよ。

斧澤:ああ、それだ(笑)。僕のお母さん小さいですから。

山崎:でも、服とかなかなか見つからないです。足も29cmあります。29cmの靴ありますか?と聞いてもなかなかないですね(笑)

一つのスポーツでなく舞洲のファンになってほしい

-お互いにサッカーと野球を見ることはありますか?

山崎:テレビをつけてサッカーがやっていたら見ることはあります。

斧澤:僕は結構甲子園を見ますね。去年も見ていたので、敦賀気比高校の名前も知っています。山崎くん、投げてたんだ、と思いました。その時は僕の先輩が敦賀気比の友達が多くて、一緒に見ようということで、みんなで見ていました。

山崎:高校サッカーはテレビをつけてやっていたら見ていましたよ。地元の星稜高校が強豪でよく出ているので、どこまでいっているんだろうと。

 

-お互いに自分のやっているスポーツは見ますか?

山崎:僕はあまり見ないですね。選手とかもよく分からないです。

斧澤:やっていたら見ます。自分の試合は見るようにしますけど、それ以外はそんなに見ないですね。

山崎:2軍の試合とかで、「あの選手来てる!」と周りは驚いたりするんですけど、僕は「え、誰?」みたいな。「知らないの?」と言われることはよくありますね。

 

-お互いのチームに知り合いはいますか?

斧澤:いないですね。オリックスの選手をあまり知らなくて。

山崎:僕は柿谷(曜一朗)選手は分かりますね。代表戦で見たことがあります。1回エヴェッサの試合を見に行ったことはあります。

斧澤:バスケもできそう。

山崎:バスケも好きなので、どんなもんだろうな?と見に行ったら、みんなかなり大きいし、スキンヘッドで刺青も入っていて、当たったら怖いなあと思いました(笑)

 

-最後になりますが、応援しているファンの方へのメッセージをお願いします。

山崎:セレッソファンの方には、サッカーだけでなく、野球もやっていたら見てほしいです。身長が高くて、ちょっと盛り上がったマウンドから投げる自分を見てください。

斧澤:セレッソの選手はかっこいい人が多いので、野球ファンの方もサッカーを見に来て、女性の方は“セレ女”になって応援に来てくれたら良いかなと思います。僕自身のプレーとしては献身的なところやゴール前で得点に絡むところ。攻守のアグレッシブさを見てほしいと思います。

 

この記事をシェアしよう!